認定看護師とは

認定看護師とは

認定看護師とは

認定看護師とは、高度な看護技術と知識を身につけた特定分野の看護師のことをいいます。年1回行なわれる試験に合格すると、認定看護師として5年間登録されます。認定看護の分野は、がん分野の看護では「がん化学療法」「がん性疼痛」「乳がん看護」「ホスピスケア」があり、救命分野の看護では「救急看護」「重症集中ケア」、新生児や小児分野の看護では「新生児集中ケア」「小児救急」、介護分野の看護では「認知症高齢者看護」「訪問看護」、腎臓・糖尿の分野では「糖尿病看護」「透析看護」が認定看護師として認定されています。

 

その他の看護分野は、「手術」「不妊」「摂食・嚥下障害」「感染管理」「創傷・オストミー・失禁」とされています。認定看護師とは、これらの分野のスペシャリストということになります。看護師の資格を有していることが条件となりますが、保健師と助産師の資格を持つ人も目指すことができます。認定を受けるための受験資格は、看護師としての実務経験が5年以上で、尚且つ、上記のいずれかの特定分野で3年以上の経験が必要とされています。また、認定看護師の養成機関で6ヶ月以上の教育を受けなければならないので、働きながら目指すことになります。時間と体力との戦いになることは目に見えていますが、バックアップ体制のある病院もあります。認定看護師を目指すために、バックアップ体制のある病院に転職することも手です。看護師として5年も経験すれば、さらにスキルアップしたくなることでしょう。ほとんどの場合、認定看護師になれば職位が上がります。後から入ってくる後輩にも引けを取らないように、早い段階から自分の得意分野に出会えればラッキーですね。