家族支援専門看護師とは

家族支援専門看護師とは

家族支援専門看護師とは

家族支援専門看護師とは、2008年に認定された専門看護師の10分野の一つで最も新しいものです。患者だけではなく、看病をする家族のケアまでを行なう大変神経をつかう任務です。入院中は患者の身の回りのケアは看護師がサポートしていますが、家族としては申し訳ない気持ちから、毎日病室に通って世話を焼きます。入院して日が浅いうちは気力体力ともに十分ですが、入院が長引いてくれば肉体的にも精神的にも負担がかかってきます。

 

そんな姿を見ている患者本人は、たとえ家族といえども迷惑をかけていると感じるようになり、双方にギクシャクした空気が流れてしまうことがあります。患者が突然ワガママになったというのは、こういった状況からくるものが多いと考えられています。家族支援専門看護師は、常日頃から患者と家族間の様子や変化を見守る役割があります。なかなか病状が改善されなければ、治療方針について疑問を抱く家族も現れるので、再度の病状説明や治療方針の変更など、医師との橋渡しを行なっていきます。

 

退院後、在宅療養に切替わった場合は、家族が看護ケアを担うことになり、床ずれや身体拭き、排泄のアドバイスを行いながら、共倒れにならないようにサポートします。今後、訪問看護において、特にニーズが高まる家族支援専門看護師は、まだまだ認定者が少なく全く追いついてないのが現状です。働きながら専門看護師を目指すことは大変なことですが、人のために尽くす仕事に誇りを持ち続けるために、チャレンジしていく看護師も増えていくでしょう。